レスポンシブWEBデザイン・responsive web design

パソコンで見た画面とスマートフォンやタブレットで見た画面に違和感がある時、画面サイズに合わせてレイアウトや見た目を最適化されたサイトに制作するための手法を「レスポンシブWebデザイン」と言う。
レスポンシブWebデザインは、ホームページに掲載する情報(文章や画像など)は変えず、CSSを使って画面サイズに応じて見た目を調整して表示するように作る方法。
レスポンシブ(responsive)は「すぐ応答(反応)する」という意味で、画面サイズに合わせて瞬時に変わる。