AR・Augmented Reality

ARは「拡張現実(Augmented Reality)」の略。拡張現実とは写真や印刷物をスマートフォンのカメラ機能などを通して見ると、肉眼では見えないのに、スマートフォンの画面に飛び出たように何かが現れる技術。
位置情報と連携していて特定の場所でその地域に関する情報を表示する。
スマートフォンが普及してARを使ったアプリが増え、ARは身近な存在になっている。
現在、ARはエンターテイメントでもよく使われているが、「自分の目で見えない部分を補完する技術」はさらに応用され、医療や工事現場などでも利用されるようになってきている。