なんとも奥深いかな日本語

自分があってるのかまちがってるのか。
あめんぼあかいなあいうえおー!!

実は司会経験あり!ですが声が壊滅的に低いので愛想がない!とよく言われるスタッフHです
人とお話をしていて、よく「あれっ?」と思うことないですか。

考え方ではなく、単語の読みのことです
間違ってるよープークスクス、ではなく、実はどちらもあっている。なんてこともあるのだとか…

読む人が増えるとそれが正解になる場合がある

慣用読みとは、慣用による読み方。正式な読み方以外によく用いられる読み方。
大辞林 第三版より

言葉は、時代や考え方によって意味が変わっていくものと考えられています。
そして、それは読み方にも表れていき、徐々にそう読む人が多くなってきて「その読み方も間違いではない」となったものが慣用読みと言われます。

意外とたくさんある慣用読み。あなたはいくつご存知ですか?

皆さんはどちらで呼んでますか?

漢字 正式 慣用読み
貼付 ちょうふ てんぷ
早急 さっきゅう そうきゅう
出生 しゅっしょう しゅっせい
重複 ちょうふく じゅうふく
うろ覚え うろおぼえ うるおぼえ
荒らげる あららげる あらげる
依存 いそん いぞん
有り得る ありうる ありえる
などなど…。軽く調べただけでもこれだけ出てきました!

正式な読みを覚えたい!と言う方は是非NHKのアナウンサーさんが読む文章やニュースを聞くと良いかと思われます
アナウンサーさんは、アクセントなども正式なものをとても勉強していらっしゃるので、文字の読み方以外にも正式なアクセントも学べたりして楽しいですよ

以上、実は標準語もしゃべれるスタッフHでした
※標準語が関西の友人にすこぶる評判が悪いので関西弁でしゃべりますが、ネタを振って頂ければ標準語でしゃべります(笑)