かっこいい…!だけじゃだめなんです。

f21d42ff478e2c555bcd6244bf2197a1_s-e1499477504175
「お前といると楽しいけど…なんか違うんだよね」

ってフラれた経験ありませんか!私あるあるなんですけど!!
姫路のホームページ制作会社、株式会社グロースネットのスタッフHです!

スタッフHと仲のいい友人の中に『私の理想は松坂桃李』とメロメロな子がいたのですが、結婚相手はまったく真逆のタイプ。
ですがその子は、たまに愚痴もこぼしつつ、幸せそうな結婚生活を送られています

という、一見よく見るこの光景、実はホームページにも当てはまっているのですが、皆さんどういうことかわかりますか?
スタッフHが、過去にフラれた理由じゃないですよ!!
ホームページですよ!!(笑)

かっこいい!!…だけがダメな理由。

a13f8775bed7f5f8b4d0d6781fc2b841_s
「見た目がかっこよく!スタイリッシュに!!」
「若い子に見てもらえるように!」
「文章は少なめ!画像中心に!」
などなど、ホームページを自分の理想を最大限に形にしたホームページが出来上がりました。

アクセス数は上々なのに、なぜかお問い合わせがこない…。
内容はすごくいいはずなのに、なんで…。

なんてことが私も、デザイナー駆け出しのころにすごくありまして。
見た目がすべて、かっこよさ重視。でもそれだけではダメでした。
それだけじゃダメな理由。それは…
かっこよさ(見た目)を優先しすぎてユーザーさんの使い勝手を考えていなかったのです
アクセス解析を見てみると、「気合を入れて作った見てほしいページ」は全くと言っていいほどお客様は興味がなく、ほとんど見られていませんでした。
逆に、会社概要や料金など、テンプレート形式ともいえるページほどアクセス数は高かったのです。
実際のユーザーさんが求めている情報と、私が訴えたい事…カスりもしてなかったんですね…。

悲しいですが、これがその時の私の現実でした…

行動観察調査でユーザビリティ向上を図る

289573
そこでスタッフHは、お友達や家族に相談をして、実際にサイトを使ってもらいました。
どういう風にこのホームページを見て、どういう理由で見なくなったのかがわからなかったからです。

すると、考えもしなかった意見のオンパレードでした。

「見た目は良いけど、問い合わせボタンはどこにあるの?」
「〇〇情報なんてのがあればいいんだけど…ないよねぇ」
「写真が多すぎて、何が言いたいのかわかんない」
「ところでこれ、どこの何してる会社?」


もうね、絶望ですよ絶望
この一件がきっかけで、スタッフHはこういった「行動観察調査」というものの重要性を知りました。
da38300d814fe85b5d7a098f56d03720_s-e1499481215691
Googleアナリティクス(アクセス解析)から、離脱率の高いページなどを参考に、ユーザーさんがどういった情報や内容、使い勝手を求めているかといった観点で、行動観察調査などを行うと、ホームページの今後の方向性なども見えてきてより楽しくなりそうですね

もちろん、ユーザーさんが望むからデザイン性を捨てましょう!というご提案は致しません

お客様の業種やターゲット層、利用層などを考慮し、お客様とユーザーさん、双方が満足できるホームページに出来るよう、スタッフHはこれからもお客様にご提案して参ります。
ホームページ集客でお悩みの際は、是非一度ご相談ください