わんちゃんのお話し【トイレ編】

平田家のニューフェイス、「シェリちゃん」

こんにちは! 姫路のホームページ制作会社、グロースネットの平田です。

 

わが家に新しいわんちゃんが来て約1ヵ月が経ちました。

 

わんちゃんをお家に迎え入れたら、まず覚えさせないといけない、最も大切かつ基本のトレーニングが「トイレ」です。

 

トイレのしつけは、早めに始めることが肝心なようでわが家もすぐに始めました。

 

うちの「シェリちゃん」はたまに失敗しちゃいますが、ちゃんとトイレスペースまで行ってするようになってきましたので、そのトレーニング方法をご紹介します

 

「限定した場所にペットシーツを敷き詰める方法」

留守中や目を離すときは一定の区域をサークルで囲い、その中にペットシーツを敷くとどこでしても失敗せず、成功させることが出来るトレーニングです

犬は排泄する場所を足元の感覚で覚える習性がありますのでペットシーツで排泄する経験を積むと自然とペットシーツの上での排泄を好むようになっていきます。

また、犬は排泄位置も自分の好みの位置を選択していきますので、敷かれたペットシーツの排泄位置が徐々に特定の位置になって行きます。
 
そして排泄しない部分のペットシーツを徐々に減らしていきます。
すると、ペットシーツの数が減っていき、最終的には1枚になるはずです。

飼い主さんが側にいるときは積極的に愛犬にトイレでするように教えてあげてください。
そしてたくさん褒めてあげると、ペットシーツで排泄すると良いことがあると犬は学習していきます

 

とにかくちゃんとできたらたくさん褒めてあげることが大事で、失敗したときに叱るのはダメです
もし、別のところで排泄しても、無視して、静かにきれいに掃除をしましょう。

叱ってしまうと排泄自体が悪いことと思ってしまい、我慢したり、隠れてしたりするようになることがあります。

トイレトレーニングには飼い主さんの忍耐も大切だと思います。
失敗しても怒らず、気長に続けることが成功の秘訣だと思います。