「コーヒー」を毎日飲むことは健康に良いの?

2eebd23884f737c016a7e1145451d5fb
姫路市のホームページ制作会社グロースネットの藤吉です。
「ブラックコーヒーは体に良い」「コーヒーのカフェインは体に悪い」など、よく聞きますが、本当のところは?といった疑問ありませんか?
私も、ブラックコーヒーを毎日何杯かは飲んでいますが・・・
気になったので調べて見ました。
いろんな検証結果がありますが、適正量(目安として1日3~5杯程度)であれば、
安心してコーヒーを飲んでいただける量なのかなと思っています。
また、コーヒーが健康に良いとは?どんな効果があるのかをまとめてみました。

1. 長生きできる
毎日適正量のコーヒーを飲んでいる人は、飲まない人に比べて死亡率が低いらしいです。
(ただし飲みすぎには注意とのこと!!初期症状として食欲不振、ふるえ、悪心、嘔吐、頻脈などが・・・)

2. 胃腸の働きを活発に
カフェインには、胃壁に適度な刺激を与えて胃液の分泌をうながし、消化不良を改善する
働きがあるらしいです。また、クロロゲン酸にも、同様の効果があるそうです。

3. ダイエットに効果的
カフェインには脂肪燃焼を促進する効果があり、有酸素運動を行う前に飲むと良いと。
1日に3杯コーヒーを飲む人は、飲まない人より脂肪の燃焼量が2倍高いという研究結果が
あるそうです。又、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には脂肪分解の効果があり、
ダイエットに効果的とのこと。

4. 脳の活性化
コーヒーの香りにも効果があり、香りを嗅ぐだけでも、脳内の血流を良くして脳を
活性化する作用があるとのこと。

5. リラクゼーション効果
コーヒーの香りには脳をリラックスさせる作用があり、香りを嗅ぐ事で脳に現れるα波が
増加するらしいです。コーヒーの香りは安らぎを与えるのですね。


最後に・・・
やっぱり適正量が大切ですね。
ただし、お茶などの他の飲料でも言えることですが、飲み過ぎは良くないということですね。