リファラの「android-app://com.google.android.googlequicksearchbox」について

「リファラ」とはウェブサイトのアクセス解析で、閲覧者がどこからホームページに訪れたかを指す言葉です。

検索エンジンから訪れたのなら「リファラ」を見れば <Google>なのか<Yahoo>なのか<Bing>なのか分かります。

あるサイトに自分のホームページがリンクを貼られていてそこからの訪問であれば、リンクが貼られているページのURLが分かります。
しかし近頃見たことがないリファラがよく出てくる事があります。
ホームページ運営者はリファラをチェックする事を逆手に取り、危険なURLをリファラとして送りつける「リファラスパム」という手法が蔓延しています。しかし今回はそういった類のリファラではないようです。
それは以下の様なリファラでした。

android-app://com.google.android.googlequicksearchbox

「Google」という単語が入っていますし、最初に「Android-app」という単語もあります。
これで、何かしらのAndroidアプリからのアクセスという事はわかります。
正体はAndroidスマートフォンにデフォルトでインストールされている、ホーム画面にある「Googleの検索窓」でした。
ブラウザを立ちあげなくてもここに検索したいキーワードを入力すれば簡単に調べる事ができます。
グーグルクイックサーチボックス、まさにそのままですね。

このホームにある検索窓で調べられてホームページへアクセスした場合
android-app://com.google.android.googlequicksearchbox」
というリファラが記録されます。

スマートフォンの普及により「com.google.android.googlequicksearchbox」からのアクセスが急に増える可能性もあります。
悪質な「リファラスパム」と勘違いして、フィルタをかけてしまわないように気をつけましょう!