「ユーザー目線のコンテンツを作ること」がホームページ制作の答えである理由

あなたは「ユーザー目線でコンテンツを作れ」というアドバイスを聞いた事はありませんか?
もしそんな話は聞き飽きた、うんざりしているというのなら、あなたはホームページ運用には向いていないと言わざるを得ません。

ホームページ運用やライティングにおいても「ユーザーの為にコンテンツを作る」という目線は必須であり、これを定義するならば「ユーザーに分かりやすい、伝わる文章を書く」ことはライティングには絶対に欠かせない目線であると断言します。

なぜならば、いくら有益なことや価値のあることを書いたとしても、それが受け手であるユーザーに伝わらなければ全く意味がない、そのコンテンツが存在しないことと一緒になるからです。
ホームページ運用において絶対的なSEO対策は存在しませんが、Googleは「ユーザーに価値を与えるコンテンツを評価する」という原理原則は一貫して変えていませんし、今後も変えることはないと言えます。

なぜならば、それこそが「検索エンジンの意義」でもあるからです。

また、SEO(検索評価)は「ユーザーに価値を与えるコンテンツ(ユーザーのためのコンテンツ)」があるからこそ、その効果も有効に働きます。これも不変なことだと言えるでしょう。

だからこそまずは「ユーザーのためのコンテンツ」を用意し、その上でSEOを考慮した施策を行うことで、検索で見つけてもらうことに繋げるのが正しい方法となります。

卵が先か?鶏が先か?みたいな話ですが、「SEOはあくまで手段であって目的ではない」と言えます。
「SEOはユーザーのためのコンテンツがあってこそ」の手段であり、「想定読者(ペルソナ)やその情報を欲しがっている人に向けてのコンテンツをしっかり作って届ける」ことこそが本来の目的であるからです
先ほどの結論に対して、例えばこれが反対に突出した場合を考えてみましょう。
SEO対策だけが先に来ている(検索上位に上げることばかりに力を入れて、低品質なコンテンツしかない)場合です。

これでは「ユーザーのためではない(正確性を欠いた、検索意図を満たさない)コンテンツ」がSEO対策によって検索結果の上位を占めている状態になりかねません。

このような検索結果の状況をあなたならどう思うでしょうか?「正直うっとうしい」という嫌悪感を持つ、「このサイトのコンテンツは検索結果に表示しないで欲しい」と思うのではないでしょうか?

このことからも分かるように、SEO対策を行うのであればまずは「ユーザーのためのコンテンツを作る」ことが絶対的な答えとなるのです。
ホームページ運用において、迷い悩むことがあるならば考えることはたった一つです。

今回の答えである「ユーザーのために(有益なことであるか)」と考えることです。

この「ユーザーのため」という答えは、検索意図を満たし、検索流入を増やす(SEOにおいて)たった一つのコツであり、いつも心がけることこそホームページ運用の本質でもあり、ユーザーに分かりやすく伝わる文章を作り出すライティング技法でもあります。

考えたからといって絶対的な正解が出る問題ではないです。シチュエーションによって最適な方法も変わってきます。それを分かった上で絶えず考えることが出来るか?少なくともそれが出来る人はホームページ運用に向いています。

「自分が理解、納得が出来る自分なりの正解には辿り着くことが出来る」ので、「ユーザーのためにコンテンツを作る」ことこそが答えとなるのだと確信しています。